Dateオブジェクト

Dateオブジェクトは日付や時間の取得や設定を行うオブジェクトです。

オブジェクトの作成

Dateオブジェクトを作成するにはnew演算子を使用してインスタンス化します。C〜Eの方法では月は0〜11の範囲で指定します。


var dt = new Date();					-----@
var dt = new Date('年/月/日');				-----A
var dt = new Date('年/月/日 時:分:秒');			-----B

var dt = new Date(年, 月, 日);				-----C
var dt = new Date(年, 月, 日, 時, 分, 秒);		-----D
var dt = new Date(年, 月, 日, 時, 分, 秒, ミリ秒);	-----E
					

以下のサンプルでは、new演算子を使用してDateオブジェクトをインスタンス化して日付/時刻をセットしています。


var dt = new Date();					//-----@
document.writeln('日付:' , dt ,'<br />');   
var dt = new Date('2013/6/30');				//-----A
document.writeln('日付:' , dt ,'<br />');   
var dt = new Date('2013/6/30 12:34:56');		//-----B
document.writeln('日付/時刻:' , dt ,'<br />'); 

var dt = new Date(2013,5,30);				//-----C
document.writeln('日付:' , dt ,'<br />');   
var dt = new Date(2013,5,30,12,34,56);			//-----D
document.writeln('日付/時刻:' , dt ,'<br />');   
var dt = new Date(2013,5,30,12,34,56,777);		//-----E
document.writeln('日付/時刻/ミリ秒:' , dt );   
					

メソッドの設定方法


dt.method()
					
Dateオブジェクトメソッド一覧
分類書式意味
ローカル(取得)getFullYear年を取得(4桁)
getMonth月を取得(0〜11)
getDate日を取得(1〜31)
getDay曜日を取得(0〜6)
getHours時を取得(0〜23)
getMinutes分を取得(0〜59)
getSeconds秒を取得(0〜59)
getMillisecondsミリ秒を取得(0〜999)
getTime1970年1月1日0時0分0秒からの経過時間をミリ秒単位で取得
getTimezoneOffsetグリニッジ標準時(GTM)とローカル時間の差を分単位で取得
ローカル(設定)setFullYear年を設定(4桁)
setMonth月を設定(0〜11)
setDate日を設定(1〜31)
setHours時を設定(0〜23)
setMinutes分を設定(0〜59)
setSeconds秒を設定(0〜59)
setMillisecondsミリ秒を設定(0〜999)
setTimeミリ秒単位で日付と時刻を設定
協定世界時(取得)getUTCFullYear年を取得(4桁)
getUTCMonth月を取得(0〜11)
getUTCDate日を取得(1〜31)
getUTCDay曜日を取得(0〜6)
getUTCHours時を取得(0〜23)
getUTCMinutes分を取得(0〜59)
getUTCSeconds秒を取得(0〜59)
getUTCMillisecondsミリ秒を取得(0〜999)
協定世界時(設定)setUTCFullYear年を設定(4桁)
setUTCMonth月を設定(0〜11)
setUTCDate日を設定(1〜31)
setUTCHours時を設定(0〜23)
setUTCMinutes分を設定(0〜59)
setUTCSeconds秒を設定(0〜59)
setUTCMillisecondsミリ秒(0〜999)を設定
解析parse指定された日付と時間と1970年1月1日0時0分0秒との間の時間をミリ秒単位で取得
UTC1970年1月1日0時0分0秒からの経過時間をグリニッジ標準時(GMT)を元にミリ秒単位で取得
文字列変換toGMTStringグリニッジ標準時を文字列に変換して取得
toUTCStringUTC時を文字列に変換して取得
toLocaleStringローカル時間を文字列に変換して取得
toDateString日付部分を文字列で取得
toTimeString時刻部分を文字列で取得
toLocaleDateString地域情報に従って日付部分を文字列で取得
toLocaleTimeString地域情報に従って時刻部分を文字列で取得
toString日時を文字列で取得