Stringオブジェクト

Stringオブジェクトは文字列に対して修飾や検索などを行うオブジェクトです。文字列の後にプロパティやメソッドを付けて使用します。

オブジェクトの作成

Stringオブジェクトを作成するにはnew演算子を使用してインスタンス化します。


str = new String(文字列);
					

以下のサンプルでは、new演算子を使用してstrオブジェクトをインスタンス化して文字列をセットしています。


    str = new String('Hello JavaScript World!!');

    document.writeln('文字列:' , str );    
					

なお、Stringオブジェクトのプロパティやメソッドは標準のデータ型(文字列型)でも使用することができます。


    str = 'Hello JavaScript World!!';

    document.writeln('文字列:' , str );    
					

プロパティの設定方法


str.property	
					
分類書式意味
Stringオブジェクトプロパティ一覧
文字列length文字列の長さを取得

メソッドの設定方法


str.method()
					
Stringオブジェクトメソッド一覧
分類書式意味
検索indexOf文字列前方から検索文字列の位置を取得
lastIndexOf文字列後方から検索文字列の位置を取得
文字列charAt文字列から指定位置の文字を抽出
slice文字列から開始位置から終了位置までの文字列を抽出
substring文字列から開始位置から終了位置までの文字列を抽出
substr文字列から開始位置から指定文字数分の文字列を取得
split文字列を区切り文字で分割し、その結果を配列として取得
concat文字列の後方に指定文字列を連結
正規表現match正規表現で文字列を検索、一致した部分文字列を取得
replace検索文字列で文字列を検索して置換文字列に変換した文字列を取得
search検索文字列で文字列を検索して開始位置を取得
文字変換toLowerCase小文字に変換
toUpperCase大文字に変換
コード変換charCodeAt文字をUnicodeコードにして取得
fromCharCodeUnicodeを文字に変換
文字修飾anchor文字列をアンカー化
link文字列をリンク化
sub下付き文字にする
sup上付き文字にする