Arrayオブジェクト

Arrayオブジェクトは配列を作成し操作するオブジェクトです。オブジェクトの後にプロパティやメソッドを付けて使用します。

オブジェクトの作成

Arrayオブジェクトを作成するにはnew演算子を使用してインスタンス化します。


var arry = new Array();						//-----@
var arry = new Array(配列の要素数);				//-----A
var arry = new Array(0番目の要素,1番目の要素,・・・);		//-----B
					

以下のサンプルでは、new演算子を使用してArrayオブジェクトをインスタンス化しています。


var arry = new Array();				//-----@
var arry = new Array(5);			//-----A
var arry = new Array('ABC','DEF','GHI');	//-----B
					

なお、Arrayオブジェクトのプロパティやメソッドは標準のデータ型(配列)でも使用することが可能です。


var arry = [];				//-----@A
var arry = ['ABC','DEF','GHI'];	//-----B
					

プロパティ設定方法


arry.property
					
Arrayオブジェクトプロパティ一覧
分類書式意味
配列length配列のサイズを取得

メソッドの設定方法


arry.method()	
					
Arrayオブジェクトメソッド一覧
分類書式意味
加工concat配列を現在の配列に連結
join配列内の要素を区切り文字で連結
slice開始位置から終了位置の要素の抽出
splice配列内の開始位置から置換文字列に指定数だけ置き換える
追加/削除pop配列の末尾の要素を取得し、削除
push配列の末尾に要素を追加
shift配列の先頭の要素を取得し、削除
unshift配列先頭に指定要素を追加
並べ替えreverse逆順に並び替える
sort昇順に並び替える