スコープとは

スコープとは変数がどの場所まで有効で参照可能であるかを定義したものです。JavaScriptではスコープに応じてグローバルスコープとローカルスコープの2種類に分類できます。

グローバルスコープで定義された変数(グローバル変数)はその名の通りスクリプトの全体から参照可能です。これに対して、ローカルスコープ(関数内)で定義された変数(ローカル変数)は関数内でのみ参照可能です。


var a = 1;		//グローバル変数

function getlocal(){

	var a = 2;		//ローカル変数
	return a;
}

document.writeln('ローカル変数:' + getlocal());
document.writeln('グローバル変数:' + a);