ステートメント

ステートメントとはプログラムで使用する宣言や命令文、構文の事を指します。

ステートメントの区切り方

JavaScriptでは「;」(セミコロン)が文の区切りを意味します。たとえ改行があっても「;」によって文を区切っていない限り、一つの文として扱われます。

「;」(セミコロン)は省略することも可能ですが、ソースを分かりやすくするためにも文は「;」によって文を区切ることが推奨されています。


var str1 = 'ABCDEFG'	//---「;」(セミコロン)が無くてもエラーとならない
var str2 = 'HIJKLMN'
document.write(str1,'<br />');
document.write(str2);
				

ステートメント中の改行、タブ、ブランクの扱い

JavaScriptではステートメント(文)中の改行、タブ、ブランクは無視されます。コードを見やすくするために利用することが可能です。


//if文など、タブやブランクを使用してコードを見やすくする
var i = 5;	
var j = 10;
		
if(i == 5){
	if(j == 10){
		wirte('テストです')l
	}
}
				

大文字、小文字の区別について

JavaScriptでは大文字、小文字の区別は厳密に判定されます。たとえば関数「Func1()」と「func1()」は一文字目の"F"と"f"が異なるため、違う関数と判定されます。


<html>
<head>
<title>JavaScript</title>
<script type="text/javascript">
function Func1(){
	alert('Func1を実行');
}
function func1(){
	//---確認ボタンを押下するとこの関数が実行される
	alert('func1を実行');
}
</script>
<body>
<form name="fm">
<input type="button" value="確認" onclick="func1()">
</form>
</body>
</html>