スクリプトの記述方法

HTMLファイル内にJavaScriptのコードの記述する場合、<script>タグ内に記述します。

<script type="text/javascript">
<!--
	JavaScriptコードを記述
//-->
</script>

また、XHTMLファイル内にJavaScriptのコードの記述する場合、<script>タグ内に<![CDATA[〜]]>を追加してコードを記述します。

<script type="text/javascript">
//<![CDATA[
	JavaScriptコードを記述
//]]>
</script>

以下のJavaScriptコードはブラウザの画面に「Hello JavaScript World!!」と表示させるサンプルコードです。

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="JavaScript">
<title>Hello JavaScript World</title>
</head>
<body>
<script type="text/javascript">

	document.writeln('Hello JavaScript World!!');

</script>
</body>
</html>

保存したHTMLファイルを開いて以下のようにブラウザが表示されれば、JavaScriptのコードの記述は成功です。

保存したファイルを開いて以下のようにブラウザが表示されれば、JavaScriptのコードの記述は成功です