jsファイルの作成方法

JavaScriptは外部ファイルとして定義してHTMLファイルと分けて記述することができます。

以下のコードはhello2.htmlからhello2.jsを呼び出して「Hello JavaScript World2!!」と表示するサンプルです。同フォルダ内に保存すれば、サンプルプログラムを実行することができます。

<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="JavaScript">
<title>Hello JavaScript World2</title>
</head>
<body>
<script type="text/javascript" src="hello2.js"></script>
</body>
</html>
document.writeln('Hello JavaScript World2!!');

保存したHTMLファイルを開いて以下のようにブラウザが表示されれば、外部ファイルによるJavaScriptのコードの記述は成功です。

保存したファイルを開いて以下のようにブラウザが表示されれば、外部ファイルによるJavaScriptのコードの記述は成功です