JavaScriptのエラーを確認する

JavaScxriptの実行中にエラーが発生した場合に、ブラウザで確認する方法をご紹介します。

IE | Firefox | GoogleCrome | Safari

IEの設定方法

1.IEのメニューバーより[ツール]→[インターネットオプション]をクリックする。

IEのメニューバーより[ツール]→[インターネットオプション]をクリックする

2.[インターネットオプション]の[詳細設定]タブを選択して[スクリプトエラーごとに通知を表示する]にチェックを入れて〔OK〕をクリックする。

[インターネットオプション]の[詳細設定]タブを選択して[スクリプトエラーごとに通知を表示する]にチェックを入れて〔OK〕をクリックする

3.スクリプトエラーが発生した場合、以下のエラーダイアログが表示されます。

スクリプトエラーが発生した場合、以下のエラーダイアログが表示されます

Firefoxのエラー情報の確認方法

1.Firefoxのメニューバーより[ツール]→[Web開発]→[エラーコンソール]をクリックする。

Firefoxのメニューバーより[ツール]→[オプション]をクリックする

2.[エラーコンテンツ]にはエラー情報が一覧形式で表示されます。

[エラーコンテンツ]にはエラー情報が一覧形式で表示されます

3.エラーメッセージにはエラーが発生したページへのリンクが表示されているのでクリックするとエラーの発生箇所を確認することができます。

エラーメッセージにはエラーが発生したページへのリンクが表示されているのでクリックするとエラーの発生箇所を確認することができます

GoogleCromeのエラー情報の確認方法

1.GoogleCromeの右上のアイコンをクリックして[ツール]→[Javascriptコンソール]をクリックする。

GoogleCromeの右上のアイコンをクリックして[ツール]→[Javascriptコンソール]をクリックする

2.ブラウザ下部にコンソールが表示されエラーメッセージを確認することができます。

ブラウザ下部にコンソールが表示されエラーメッセージを確認することができます

3.エラーメッセージにはエラーが発生したページへのリンクが表示されているのでクリックするとエラーの発生箇所を確認することができます。

エラーメッセージにはエラーが発生したページへのリンクが表示されているのでクリックするとエラーの発生箇所を確認することができます

Safariのエラー情報の確認方法

1.Safariの右上のアイコンをクリックして[メニューバーの表示]をクリックする。

Safariの右上のアイコンをクリックして[メニューバーの表示]をクリックする

2.[メニューバー]より[開発]→[エラーコンソールを表示]をクリックする。

[メニューバー]より[開発]→[エラーコンソールを表示]をクリックする

3.[エラーコンソール]ウィンドウが表示されエラーメッセージを確認することができます。

[エラーコンソール]ウィンドウが表示されエラーメッセージを確認することができます

3.エラーメッセージにはエラーが発生したページへのリンクが表示されているのでクリックするとエラーの発生箇所を確認することができます。

エラーメッセージにはエラーが発生したページへのリンクが表示されているのでクリックするとエラーの発生箇所を確認することができます