evalメソッド

evalメソッドは文字列をJavaScriptのコードとして評価します。

フォームで入力した値は文字列として認識されるので計算などで使用するには数値に変換する必要があり、その際にeval関数を使用します。

書式eval(値)
戻り値JavaScriptのコードとして評価した値を返す
引数文字列を設定する
使用例フォームに入力した文字列で足し算できるようにする。

<html>
<head>
<title>JavaScript eval</title>
<script type="text/javascript">
function calcValue() {
	var x = document.calc.txt1.value;
	var y = document.calc.txt2.value;
	var result = eval(x) + eval(y);
	document.calc.txtResult.value = result;
}
</script>
</head>
<body>
<form name="calc">
足し算:
<input name="txt1" value="" size="5">+
<input name="txt2" value="" size="5">=
<input name="txtResult" value="0" size="5">
<input type="button" value="計算" onClick="calcValue()">
</form>
</body>
</html>