windowオブジェクト

windowオブジェクトはウィンドウの情報を提供したり、ウィンドウの設定やダイアログボックスの表示などの操作を行うオブジェクトです。

プロパティ


window.プロパティ
					

以下はwindowオブジェクトのプロパティの一覧です。

分類プロパティ名内容
オブジェクトdocumentdocumentオブジェクト
locationlocationオブジェクト
frameframeオブジェクトおよび配列
historyhistoryオブジェクトおよび配列
情報nameウィンドウ名
self現在のウィンドウ自身
top1番手前にあるウィンドウ
closedウィンドウが閉じられている状態
openeropenメッソドで開かれたウィンドウから元のウィンドウを参照する
幅/高さ/位置innerHeightウィンドウの表示領域の高さ
innerWidthウィンドウの表示領域の幅
outerHeightウィンドウの外周の高さ
outerWidthウィンドウの外周の幅
pageXOffsetウィンドウのX座標の位置
pageYOffsetウィンドウのY座標の位置
フレームlengthウィンドウのフレーム数
parentウィンドウ内のフレームの親フレーム
ステータスstatusステータス行のメッセージ
defaultStatusデフォルトのステータス行のメッセージ

メッソッド


window.メソッド(引数)
					

以下はwindowオブジェクトのメソッドの一覧です。

分類メソッド名内容
ダイアログボックスalert警告用ダイアログボックスを開く
confirm確認用ダイアログボックスを開く
prompt入力欄付きのダイアログボックスを開く
ウィンドウ操作open新しいウィンドウを開く
closeウィンドウを閉じる
stop読み込みを中止する
moveByウィンドウを指定した分量ずつ移動する
moveToウィンドウを指定した位置に移動する
resizeByウィンドウを指定した分量ずつリサイズする
resizeToウィンドウを指定したサイズにリサイズする
scrollウィンドウをスクロールする
scrollByウインドウ内の表示領域を指定した分量ずつスクロールする
scrollToウインドウ内の表示領域を指定した位置までスクロールする
移動forward一つ先のURLに進む
homeホームに指定したURLに進む
back一つ前のURLに戻る
時間setTimeoutミリ秒単位で指定した時間後に実行する
clearTimeoutsetTimeoutメソッドの停止
setInterval一定時間(1ミリ秒)ごとに指定された処理を繰り返す
clearIntervalsetIntervalメソッドの停止
イベントcaptureEvents全てのイベントを取得する
routeEvent取得したイベントと同じ階層のイベント
オブジェクトtoStringオブジェクトを文字列に変える
valueOfオブジェクトの値を返す
toSourceオブジェクトの値を文字列で返す
その他print印刷する