protocolプロパティ

linkオブジェクトのprotocolプロパティはリンク先のURLのプロトコルを返します。ページのリンク情報は配列で格納されているのでIndex番号を指定してプロパティの値を取得します。

書式document.links[index番号].protocol
対応Internet ExplorerFireFoxChromeSafariOpera
リンク先のURLのプロトコル
使用例リンク先のURLのプロトコルを表示する。

<html>
<head>
<title>JavaScript link protocol</title>
<script type="text/javascript">
function dispPort(){
	for(var i=0 ; i < document.links.length ; i++){
		alert('プロトコル:' + document.links[i].protocol);	
	}	
}
</script>
</head>
<body>
<a href="http://yahoo.co.jp/" title="Yahoo">Yahoo!!</a><br>
<a href="http://google.co.jp/" title="Google">Google</a><br>
<a href="http://msn.co.jp/" title="MSN">MSN</a>
<form name="fm">
リンク先のURLのプロトコルを表示<br>
<input type="button" value="確認" onClick="dispPort()">
</form>
</body>
</html>
					
関連メンバ
hostリンク先のURLのホスト名とポート番号
lengthリンク数
hostnameリンク先のURLのホストコンピュータ名
hrefリンク先のURL
pathnameリンク先のURLのパス名
portリンク先のURLのポート番号
searchリンク先のURLの問合せ部分
targetリンク先のターゲット属性