formオブジェクト

formオブジェクトはformの情報を提供したり、formの設定や操作を行うオブジェクトです。

フォーム内の要素を取得する方法

フォーム内の各要素を取得する方法は、まず、フォーム(<form>タグ)のname属性に名前を指定します。次にフォーム内の各要素(<inputタグ>)にも同様にname属性に名前を指定することにより以下の構文にて取得が可能となります。


    document.フォーム名.要素名
					

以下のサンプルではフォームのname属性を指定して、テキストボックスの内容を表示しています。


<html>
<head>
<title>JavaScript form</title>
<script>
function dispText(){

	var name  = document.fm.input_name.value;
	alert('入力した名前は' + name + 'です' );

}
</script>
</head>
<body>
<form name="fm">
フォーム内のテキストボックスの入力値を表示<br>
<input type="text" name="input_name">
<input type="button" value="確認" onclick="dispText()">
</form>
</body>
</html>
					

前述の方法以外にelements配列を使用してindex番号を指定することにより取得する方法もあります。index番号はフォーム内の各要素の宣言順に0から順番に割り当てられます。

なお、フォーム内の要素数はlengthプロパティにより取得できるので、lengthプロパティにより数を取得してfor文を使用して順次取得します。


    document.フォーム名.elements[index番号]
					

以下のサンプルではelements配列を使用してテキストボックスの内容を表示しています。


<html>
<head>
<title>JavaScript form</title>
<script> 
function dispText(){
 
	var f = document.fm;
 
	for( i = 0 ; i < f.elements.length ; i++){
		if(f.elements[i].type=='text'){
			alert(i + '番目の値は' + f.elements[i].value + 'です' );
		}
	}	
 
}
</script>
</head>
<body>
<form name="fm">
フォーム内のテキストボックスの入力値を表示<br>
名前1:<input type="text" name="name1"><br>
名前2:<input type="text" name="name2"><br>
名前3:<input type="text" name="name3"><br>
<input type="submit" value="確認" onclick="dispText()">
</form>
</body>
</html>
					

プロパティの設定方法


    document.フォーム名.property
    document.forms[index番号].property
					

以下はformオブジェクトのプロパティの一覧です。

分類プロパティ名内容
オブジェクトButtonButtonオブジェクト
CheckboxCheckboxオブジェクト
HiddenHiddenオブジェクト
PasswordPasswordオブジェクト
RadioRadioオブジェクト
ResetResetオブジェクト
SelectSelectオブジェクト
SubmitSubmitオブジェクト
TextTextオブジェクト
TextareaTextareaオブジェクト
FileFileオブジェクト
情報actionフォーム内のデータの送り先
elementsフォーム内の内容(配列)
encodingフォームのMINEエンコード
lengthフォームのエレメント数
nameオブジェクト名
methodフォームの送信方法
targetターゲットウィンドウ

メッソッドの設定方法


    document.フォーム名.method()
    document.フォーム名[index番号].method()
					

以下はformオブジェクトのメソッドの一覧です。

分類メソッド名内容
ボタンsubmit送信ボタン
resetリセットボタン
オブジェクトtoStringオブジェクトを文字列に変える
valueOfオブジェクトの値
toSourceオブジェクトの値を文字列を返す
その他handleEventイベント取扱者を特定する